派遣のメリット・デメリットの詳細

派遣のメリット・デメリット

"わたしが考える派遣のメリットは、まず期間限定の場合、退社の意思表示をしなくても自動的に終了になるところ、
一つの会社に勤めていたのでは味わえない位、いろいろな仕事を体験できるところ。
わたしは好奇心旺盛なので、いろいろ試してあうあわないを知るのは本当に楽しいです。
会社にもよりますが、残業不可・週5日未満の勤務、時間を少なく勤務など、自分の都合に合わせた勤務シフトの
会社に勤められるところ。
そのため、メインの仕事の副業として、また、会社の後に習い事をしてアフター5を充実させたりすることが可能です。
もし専門性の高い資格を持っている場合、給料が高くなったり、自分のスキルを役立てることができます。
会社のしがらみがないので飲み会などに参加しなくても良いところ。
派遣のデメリットは、即戦力が求められるケースが多いので、スキルが満たされていない時、契約を打ち切られる可能性の
あるところ。
仕事の需要が無くなったら契約終了になるので、一つの場所に落ち着いて働けないところ。
事務などは社員のサポート業務が多いので、スキルが磨きにくく、仕事が物足りない場合が多い事。
社員の方から会社の一員として認められない職場があること。
病気で長期入院になった時など、長期欠勤ができず辞めざるを得ないところ。
お給料は高めだが、ボーナスがないのでトータルすると金額が低めなところ。
年齢が40歳代になってくると、紹介される仕事が少なってくるところです。
派遣になるには向き不向きがあると思います。
安定して、少しずつ地道に仕事を覚え、職場の人と仲良く、という場合、パートか社員の方が向いていると思います。"