ただの作業員?!の詳細

ただの作業員?!

"派遣で辛かった思い出といえば、某化粧品会社の営業部の事務に派遣で働かせてもらっていた時のことです。

とにかく女の人が多くてビックリ。
男性社員もいるのですが、社内にいる社員のほとんどが女性か、管理職の男性ばかり。
女性の年齢層も広くて、新卒から私の母親と同じ年齢の人くらいまで。
女性の比率が高ければ高いほど、揉め事が多くなるんです。
本当に厄介な職場でした。

悪口と噂話の対応がしんどかった。
社員から、他の社員の悪口や噂話を聞かされても、間違っても「へー、そうなんですか」なんて返事をしたら、一大事です。
同意したと思われるくらいなら、まだまだ甘い。
「あの派遣さんだって、xxさん(悪口を言われている社員)の悪口言ってたし。
派遣に言われるようじゃ、終わりだよね~。」となる可能性があります。

私は、派遣で働くのが初めてで、大切な心得を知らなさすぎたため、社員の話に相槌をうったことが、
私が社員の悪口を言ってたという話にまでなってしまいました。
本当、噂っていい加減ですよね。

悪口を言われたと思っていた社員からは、あからさまに無視をされましたし、
無視なんてまだいい方で、私に聞こえるように「派遣のくせに、生意気なんだよね」と
お手洗いやロッカールーム等の男性社員が見ていないところで言われることも多々ありました。

誤解を解きたかったですが、そうなると私に悪口を言っていた社員がいることを話さなければならず、
誤解を解くことは出来なかったです。
誤解を解いたら、私に悪口を言っていた社員から何かされるんじゃないかと思い、何も出来なかったです。

本当、針のむしろでした。
そんな毎日を助けてくれたのは、派遣仲間でした。
他部署も合わせて、派遣仲間が10人位いたので(違う派遣会社ですが)心強かったです。
いつも気にかけてくれ、声をかけてくれ、わかってくれている人たちがいると思うだけで、元気がでました。

そんなこんなで契約期間の3ヶ月を務めて、契約更新は遠慮させて頂き、派遣先を変えてもらいました。

今となっては、誤解を解かずに嫌味を言われ続けたヘタレ期間が笑い話になっていますが、
当時は本当に辛かったな~という思い出です。


"